査読コメントへの返事の仕方

はじめに

 査読者へのコメントの仕方の覚書。まだ経験が浅いので、間違ったことを書いている可能性がある。 ここに書いてあることをそのまま信じないで欲しい。あと、いわゆる「戦い方」は書いていない。

フォーマット

 査読者への返事は、以下の構成で書くと良い。

査読のお礼

 まずこれを書く。査読者も人間。忙しいところ自分の論文を 読んでもらったのだから、感謝の意を表そう。

 良く使う言い回しは、

We thank referees for careful reading our manuscript and for giving useful comments.
など。僕は特にレフェリーが丁寧なレポートを返してくれたとき、
We thank the referee for fruitful suggestions, especially for suggesting the better terms and sentences.
と書いた。この時はレフェリーは一人だったので単数形に、 さらに「こうしてはどうか?」と表現を直してくれたので、そこに お礼を言っている。

 お礼に続けて、レフェリーの指示に従って自分が論文を直したことをいい、 論文を通してくれるようにお願いする。

 通しで書くとこんな感じ。

We thank the referee for fruitful suggestions, especially for suggesting the better terms and sentences. We have revised the manuscript XXXXXXX on the basis of the Referee's comments.

We look forward to a publication of our manuscript in Phys. Rev. E.

Sincerely, Hiroshi

これはPREに出したときのもの。XXXXXXXの部分は論文のAccession Code。

査読の返事

 査読の返事の前に、

Our responses to the referee's comments are as follows:
などと書くと親切だ。 査読者にもよるが、だいたい1) や i) などと番号をつけて問題を 指摘してくるので、それに対応する形で返事をする。

 ここで、返事のし忘れに注意すること。 忘れやすいのは、指摘された部分に関連する部分。 たとえば「"dynamics"という言葉の使い方よくないから変えろ」 と言われたら、"dynamics"という言葉が出てくる箇所全てをチェックする必要がある。 直し漏れは印象が悪い上に、アクセプトが遅れたり、 Letterを Regular Article扱いにされる原因になりやすい。

オリジナルの査読コメント

 査読の返事の後に、オリジナルの査読コメントを書いておくと親切だ。 僕は

----------------------------------------------------------------------
The original comments of the Referees are as follows.
----------------------------------------------------------------------
として、来たコメントをコピペしている。

Physical Review系の査読の返事テンプレート

XXXXXXXには論文についたAccession Codeを入れる。

  We thank referees for careful reading our manuscript
and for giving useful comments. In response to the Referees'
comments, we have revised the manuscript XXXXXX.

We look forward to a publication of our manuscript in 
Phys. Rev. X.

Sincerely, Hiroshi

Our responses to the referees' reports are as follows:

----------------------------------------------------------------------
Response for the first Referee
----------------------------------------------------------------------

第一査読者への返事

----------------------------------------------------------------------
Response for the second Referee
----------------------------------------------------------------------

第二査読者への返事

----------------------------------------------------------------------
The original comments of the Referees are as follows.
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
Report of the First Referee -- XXXXXXX/Watanabe
----------------------------------------------------------------------

第一査読者のコメント

----------------------------------------------------------------------
Report of the Second Referee -- XXXXXXX/Watanabe
----------------------------------------------------------------------

第二査読者のコメント

その他

返事はPositiveに

 査読者への返事はできるだけPositiveに書く。 すなわち査読者の要求どおりに書きなおすのが良い。 「こんな追加計算をするべきだ」と言われ、それが妥当な指摘であれば、 たとえその計算が相当面倒でも、やったほうが結局は早く論文は通る気がする。

エディタ

 査読コメントに返事をするわけだから、返事の直接の相手は 査読者だが、実はエディタに手紙を書く気持ちで書いたほうが良い。 論文を通すか通さないかの最終判断はエディタの判断だからだ。 イメージとしては、著者と査読者とのやりとりを、エディタが隣で聞いている感じになる。 著者は査読者への返事をエディタに聞かせているつもりで書く。 査読者が瑣末なことに拘泥しているようなら、査読者にそれは瑣末なことだと主張するのではなく、 エディタがやりとりを見て、なるほどそれは瑣末なことだ、と思わせるようにする。 そう心がけて書いていると記述が客観的になり、査読者も主張を認めてくれやすい(気がする)。

返事の保存

 査読者から来たコメントとその返事は取っておくこと。 svnやcvsといったバージョン管理をしているなら、論文と一緒に リポジトリに入れておくと良い。 二回目の修正で、一回目に言われた文句を忘れていたりるとまた修正する羽目になる。


トップページへ戻る