興味のあること

 私の研究は、主に分子動力学法を用いた非平衡、相転移の研究です。計算には主にスーパーコンピュータを使っています。

 「スーパーコンピュータを使うと、人間は何ができるようになるのだろう?」私が常に考える問いです。スーパーコンピュータ、略してスパコンは、普通のPCとは比較にならないほど大きい計算能力を持つ計算機です。大きいといっても計算機ですから、やってることは何かを計算することだけですし、そのプログラムは人間が書いて与えなければなりません。でも「何かを計算するだけ」で得られた結果の可能性は無限大です。チェスや囲碁で人間に勝つAIを作ったり、小説を書いたり、そんなこともできるようになってきました。

 一方で、そんなすごい計算能力をどう使うか、ということは極めて非自明な問題です。デスクトップPCで動いているプログラムを、そのままスパコンに持って行っても急にすごいプログラムになるわけではありません。大規模な計算能力を有効に使うには、それなりの技術、知識、経験が必要となります。

 私は、このスパコンの計算能力を主に「粒子数の数を増やす」方向に突っ込んでいます。世の中は非線形です。100個の粒子では見えなかったものが1000個の粒子で見えるかもしれません。1万個の粒子では表現できなかったものが、1億個の粒子では表現できたりします。「量が増えると、あるところで質が変わる」それが研究のポリシーです。

 主に分子動力学法を用いて研究はしていますが、興味はあくまで「大規模な計算能力があって初めてできる面白いこととはなんだろうか」ということにあります。粒子系にこだわらず、幅広い興味をもって研究を進めています。

 上記は、京コンピュータで計算した気泡生成過程です。1万粒子あると液滴生成が、100万粒子あると気泡生成が、そして数億粒子あると多重気泡生成が計算できます。この計算は6億8千万粒子のシミュレーション結果です。


トップへ戻る